ジョニーデップモデル

ジョニーデップモデル
ジョニーデップ・シグネチュアモデル レギュラー化

2017年10月13日金曜日

最近メタルトップにハマっちゃいましたね。

ゼマティスは、やっぱり質感がいい・・・・・
それに準ずるクウォリティー  パーツも独自のものなのでインパクトがある。
ノブも重量感があってボディーの重量バランスに影響しているかも。
ホウロウで空洞の分の重みをもしかしたら補っていてギターの存在感に貢献しているかも。プラスチックだとチープ感でギターの存在感に影響しそう。

レスポールは、あのプラスチックノブがマッチしているからまた不思議なんだよなぁ。
単板できの重量がありますからね。

ジョニーデップギターメンテナンスを考えるとゼマティスみたいにキャビティーカバーがあったほうがいいと思う。

トップパネルのネジを全部外さないと中にアクセスできないのが不便。

デューセンバーグ・ジョニーデップモデルをひくjimmy

 トーンノブをオリジナルに変更。イケベ楽器さんが取り寄せてくれました。











2017年9月28日木曜日

晴れ空


買った時は、出なかった音、配線でこんなに音が変わるんですね。
自分の所有するレスポールが基準になっていて、その音のどこかに似ている部分があれば
引いていてとても気持ちがいい感じですね。ゼマティスも結局PU交換して似た音を探すという作業でしたね。このデューセンバーグは、似た音がなかなか出てこなかった。

今では、大好きなサウンドになっていますね。このギターじゃなきゃ出ない音も混じっていますからね。

ミスティーレディー


後半ワウを踏んでからのソロは、このギターじゃなきゃ出ない音というか
・・・でもフロントの音が欲しいですね。ロイブキャナン奏法の弦のノイズが心地よい。
顔で弾くギターになりました、感情がそのままギターに乗り移るいい感じ。

デューセンバーグ ジョニーデップモデル

放浪構造なので響きが独特でメタルトップとの相乗効果で面白いギターですね。
買った時の音とは、別物でこのギターのP90と思われるサウンドがダイレクトで楽しめますね。元のチューングは、テレキャスのシングルのカントリー系のサウンドと感じました。
ハイパスを外してトーンの追加でご機嫌ですね。フェイズスイッチでコイルの巻数が選べるのかなぁ・・・・・シングルとP90みたいなサウンドの変化がより明確になりました。
ウーマントーンでボリュームを数ミリ絞るとトーン回路がスルーして直の音が出るのでボリューム操作でも   PUの音色がコントロールできる不思議な配線になっています。
123番の配線のやり方で何かが間違えたかなぁ・・・・これは、これで気に入ったので
このまま使います。jimmyのオリジナル配線ということで。


 トーンを追加して 好みの音色を作り出せるようになりました。
ジミーの感情をそのまま音にしてくれるギターに・・・・1ヶ月かかったなぁ。
このギター配線メンテナンスするのにネジを20本以上外してメタルトップを外さないと
中にアクセスできません。裏に穴開けてセセマティスみたいにアルミの板付けるかなぁ。



2017年9月21日木曜日

デューセンバーグ・ジョニーデップモデル

デューセンバーグ・ジョニーデップモデル
 トーンコントロールを追加 ジョニーデップモデルクリーンサウンドがいい音なんですね。僕の場合完全クリーントーンってあまり使わない。クラッチにしてそれをボリュームで絞る感じ。どこかひずみが微妙にある感じが好きなんですね。
このギターは、アンプクリーンで弾いた時のギター本来の音がいい。
ホウロウボディーメタルトップの音がなるほどという感じですね。
ゼマティスカシミアは、この音を探すのですがやっぱり別物ですね。
デューセンバーグのP90ってどんな中身なのだろうか?





なかなか良い感じ ジョニーデップモデルとゼマ・ダイヤモンドblack

サウンドが別物当然ですが。